自己啓発の本

ティッツェ幸子著「願いを叶える「月眠り」の魔法」を読んで

ティッツェ幸子著「願いを叶える「月眠り」の魔法」

ティッツェ幸子先生のご著書「願いを叶える「月眠り」の魔法」には、月の波動で夢を叶える”眠りのメソッド”とあります。

ここでは、ティッツェ幸子先生の願いを叶える「月眠り」の魔法――月の波動で願いを叶える“眠りのメソッド”どのような内容の本なのか、どのような悩みを抱えている方にオススメしたい本なのかを紹介します。

「願いを叶える「月眠り」の魔法」とはどんな本?

月のリズムと女性の体のリズムは、ほぼ同じ周期で29.5日

この本で、お月さまの満ち欠けに合わせながら自分と向き合うことで、やりたいことが見えてきます。

お月さまのエネルギーを感じながら「夢」を描き、月の満ち欠けの波動に合わせて行動することで、夢がどんどん叶っていくのです。

月の波動に合わせて潜在意識を上手に使い、あとは委ねることで、わくわく楽しんでいるうちに夢が叶ってしまう。

本書は、月の満ち欠けを意識しながら行動することで、夢を叶える方法について書かれた本です。

総ページ数は220ページです。版元はclover出版です。

「月のリズムだから夢が叶う!」

本書では月の満ち欠けとともに行いたい願いを叶える方法について紹介されています。

・新月前
・新月
・新月翌日
・三日月
・上弦の月
・満月
・下弦の月
・月隠

それぞれの月の満ち欠けにあわせたワークを行う方法やその際の注意点が紹介されています。

例えば新月にはお願い事を書き出すワークを行います。

その際の注意点としては

・お願い事の数は2~10個
・文体は「過去形」にする
・感謝の言葉を追加する
・書くときは手書きがオススメ
・二つのことを同時に書かない
・「否定語」は使わない
・擬態語や形容詞をつけるとさらによい

など、新月に願い事をするとよいと一度は聞いたことがある人でも、具体的な注意点があることでより具体的に願い事を書き出すことができるようになっています。

各種のワークがあることで、叶えたい夢がない、これから夢を見つけたいという人も取り組みやすい内容になっています。

潜在意識を活用して夢を叶える方法についてなんとなく知っている方でも、より詳しい方法について学んでみたいと考えている方にはさらにオススメの一冊です。

私も早速次の新月の日を調べて、お願い事を書き出すための準備を始めましたよ。

著者情報

ティッツェ幸子

ティッツェ幸子
脳科学を取り入れた夢ノート「ドリームプランナー」創始者。株式会社サクセスアライアンス代表取締役。

脳科学を1年半学び、「未来日記」が夢を叶える秘密を見つけ、オリジナル夢ノート「ドリームプランナー」を開発。その活用法を伝えるセミナー受講生は1000名を超え、受講生から「結婚が決まった!」「転職に成功した!」と嬉しいニュースが続々と届いている。

なかでも、眠りながら夢を叶える「睡眠時間活用法」は人気が高く、効果抜群!と好評。現在は全国にドリームプランナー認定トレーナーを育成中。

※ご本人より掲載の許可をいただいて掲載しています。

どのような人にオススメ?

・願いを叶えたい人
・夢を見つけたい人
・月の満ち欠けを活用する方法を知りたい人

このような方にオススメの一冊となっています。