健康法の本

小林篤史著「一生曲がらない背骨をつくる姿勢の教科書」とは?

小林篤史 姿勢の教科書

小林篤史先生のご著書「一生曲がらない背骨をつくる姿勢の教科書」には、丸まった背中がピンと伸びる!とあります。

ここでは、小林先生の一生曲がらない背骨をつくる 姿勢の教科書 (ビタミン文庫)どのような内容の本なのか、どのような悩みを抱えている方にオススメしたい本なのかを紹介します。

「姿勢の教科書」とはどんな本?

「年を取るにつれて、しだいにねこ背になるのは当然でしょう」
「骨が弱くなってくると、背骨が曲がるんですか?」
「姿勢が悪いから、ひざや腰に痛みが出たのかもしれない」

高齢者から話を聞くと、姿勢がだんだん悪くなるのは当然と受け取られているケースが多く見受けられると著者は言います。

確かに、加齢は背骨を曲げていく大きな要因です。

しかし、あきらめることはない、正しい対策を講じれば、回復させることは不可能ではないと著者は言います。

本書では、背骨の曲がり方について「首曲がり期」「背曲がり期」「腰曲がり期」の3つのステージに分け、各ステージごとに必要なストレッチや効果が紹介されています。

全6章からなり、総ページ数は200ページです。版元はマキノ出版です。

各章の内容は、「「背すじピン!」を叶えるために」、「背骨はどう曲がっていくのか?」、「「一生曲がらない背骨」のつくり方」、「よい姿勢がもたらす10大効果ねこ背をリバウンドさせない生活術」、「丸くなった背中がピンと伸びた体験談です。

「ねこ背改善緊急度チェック!」

筆者は背骨の曲がり方について「首曲がり期」「背曲がり期」「腰曲がり期」の3つのステージに分けています。

各ステージのどこに該当するかは以下のチェックリストから診断できます。

□40代以上である
□70代以上である(70代以上の場合は40代以上もチェック)
□最近、「姿勢が悪くなった」といわれたことがある
□自分でも、背中が丸くなってきたと思う
□前屈が苦手だ
□足が90度以上開かない
□腰痛、ひざ痛、股関節痛のいずれかがある
□バンザイの姿勢が取りにくい
□移動の際、シルバーカーや杖に頼ることがある
□スーパーでは買い物カートに寄りかかって移動している
□ささいなことで骨折したことがある
□横断歩道で青信号を渡り切れないことがある
□疲れやすく、外出するのがおっくうになった

1つのチェックを1ポイントと数え、総計で次のように判断します。

0~1ポイント ねこ背ではない
2~4ポイント 首曲がり期
5~8ポイント 背曲がり期
9ポイント以上 腰曲がり期

私も実際にやってみましたが「首曲がり期」に該当しました。

本書で紹介されているストレッチは高齢者でも実践できる簡単なもの。

まだ背曲がり期にはなっていませんが、今後ならないように本書のストレッチを実践しながら気を付けていきたいと思います!

著者情報

小林篤史

小林篤史 猫背矯正マイスター® 
柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師

今まで20000名以上の患者様の姿勢を診てきて、「身体の不調の原因は、姿勢不良にある」と確信。「猫背矯正プログラム」を構築し、腰痛・肩こり・頭痛などの身体の不調と同時に、自分に自信の無い方に姿勢という面からアプローチし、患者様からの信頼を得ている。現在、同業者向けに「猫背矯正マイスター®」の育成に尽力。

その他の著書 「ねこ背は10秒で治せる! (1回のストレッチでスーッと伸びる!)」、「ねこ背が治る!寝たまま「耳ピタ」ポーズ

※ご本人より掲載の許可をいただいて掲載しています。

どのような人にオススメ?

・老化とともに姿勢が悪くなったと感じる人
・悪くなった姿勢を良くしたいと考えている人
・姿勢をよくするストレッチを知りたい人

このような方にオススメの一冊となっています。