健康法の本

小林篤史著「寝たまま「耳ピタ」ポーズ」簡単5ポーズで姿勢を改善する方法!

小林篤史「寝たまま「耳ピタポーズ」」

小林篤史先生のご著書「寝たまま「耳ピタ」ポーズ」には、簡単5ポーズで姿勢を改善!とあります。

ここでは、小林先生のねこ背が治る!寝たまま「耳ピタ」ポーズどのような内容の本なのか、どのような悩みを抱えている方にオススメしたい本なのかを紹介します。

「寝たまま「耳ピタ」ポーズ」とはどんな本?

ねこ背は現代病と言っても過言ではないと著者は言います。

背中が丸まっている、肩が前に出ている、顔が前に出ているなど、見た目にはねこ背の特徴は上半身に現れますが、実は人間の土台をささえる「骨盤」に原因があることがほとんどだと言います。

あらゆる不調はねこ背からやってくる。

本書は、寝る前に寝たままでできるねこ背改善の5つのポーズでねこ背だけでなく、肩こり、首こり、頭痛などあらゆる症状を緩和・改善させる方法について紹介している書籍です。

全4章からなり、総ページ数は96ページです。版元はKADOKAWAです。

各章の内容は、姿勢の仕組みが分かれば猫背が治る」、「「耳ピタポーズ」で姿勢リセット」、「タイプ別骨盤ストレッチ&首ケアでもっと!ねこ背改善」「ねこ背生活24時間を追う!です。

「ねこ背改善緊急度チェック!」

筆者はまずは体に現れている症状からねこ背改善緊急度をチェックできるといいます。

(A)×1点
・1日のうちでデスクワークの時間が長い
・前屈したときに指先が床につかない
・外反母趾である
・足をそろえて立ったときにうちくるぶし同士がぶつかる
・バッグを持ったときに体より前にバックがずれる

(B)×2点
・ソファに座るのがラクに感じる
・両手を上げたときに腕が耳につかない
・鏡の前に横向きで立ったときに肩が耳より前に出ている
・胃腸の具合が良くない
・おじぎをするときに顔だけであいさつをしている

(C)×3点
・O脚またはX脚である
・飲み込むのがつらい
・お尻が出っ張っている。または扁平尻である
・背中にぜい肉がつきやすい
・二の腕が太い

(D)×4点
・慢性的に頭痛を感じる
・朝起きると(特に休日の朝)背中が痛い
・お腹がぽっこりでている
・あごを上に向けたときにつらいと感じる

各項目の点数を合計してねこ背の改善緊急度をチェックします。

5点以下・・・ねこ背予備軍
6点~18点以下・・・ねこ背の可能性大
19点~34点以下・・・ねこ背の姿勢に昔から悩んでいませんか?
35点~46点・・・35点以上は重篤

ちなみに私は13点でした!ねこ背の可能性大のようです。

ねこ背の可能性が高い方ほど、本書にかかれている寝たままでできる「耳ピタ」ポーズをフル活用することをオススメします。

このように、ねこ背を改善したいだけでなく肩こりや首こりなどを改善する方法を知りたいときに読みたい一冊です。

著者情報

小林篤史

小林篤史

猫背矯正マイスター® 柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師今まで20000名以上の患者様の姿勢を診てきて、「身体の不調の原因は、姿勢不良にある」と確信。「猫背矯正プログラム」を構築し、腰痛・肩こり・頭痛などの身体の不調と同時に、自分に自信の無い方に姿勢という面からアプローチし、患者様からの信頼を得ている。現在、同業者向けに「猫背矯正マイスター®」の育成に尽力。

その他の著書
ねこ背は10秒で治せる! (1回のストレッチでスーッと伸びる!)」、「一生曲がらない背骨をつくる 姿勢の教科書

※ご本人より掲載の許可をいただいて掲載しています。

どのような人にオススメ?

・ねこ背や姿勢の悪さに悩んでいる人
・肩こりや首コリや頭痛などの不調がある人
・ねこ背を治すためのストレッチを知りたい人

このような方にオススメの一冊となっています。